辞任を余儀なくされたカネロ、「足底筋膜炎のために来た」と語る

足底筋膜を強化するエクササイズは、ストレスを和らげ、関節を強制的に柔軟に保つのにも適しています。足底筋膜を強化することで、かかとだけでなく、自分自身にも多くの問題を回避することができます。そこで、エクササイズの出番です。エクササイズは足の健康を向上させる素晴らしい方法です。

サンダースを強制的に辞めさせた後、カネロは彼が植物のために来ていると言う

まず、自分に合った靴を履くようにしましょう。あなたがしたい最後のものは、あなたがワークアウトにあまりにも怠惰なので、悪い靴に滑り込むことです。また、靴を履く前には、足底筋膜炎のストレッチをきちんと行いましょう。ストレッチをすることで、炎症を防ぎ、足の筋肉を伸ばすことができます。

次に、歩きながら走ったりジャンプしたりしないこと

これは、足底筋膜(かかとからつま先までの靭帯)へのストレスを増加させます。走ったりジャンプしたりすると、筋膜にストレスがかかり、炎症を起こします。そうすると、足底筋膜が正常に機能しにくくなり、痛みが生じます。走ったりジャンプしたりすることで足底筋膜が緊張してしまう場合は、休息が必要です。

3つ目は、体重をかかとから離すことです

地面に足をつけて歩いたり立ったりすることで、足底筋膜に不必要なストレスをかけないようにします。常に軽やかなステップを踏むことを忘れずに。どうしてもバランスを崩してしまう場合は、ヒールレストや装具を使ってみましょう。つま先で歩いたり、立ったりしてはいけません。これらの行為は、足底筋膜炎に過度のストレスを与えます。

4つ目は、適切な靴を履くことです

痛みを無理に取り除けるかどうかは、履いている靴が大きく関係してきます。靴の素材だけでなく、クッション性やサポート性の高い靴がいいでしょう。足底筋膜炎の患者のために特別に設計された靴は、痛みを排除するのに役立ちます。

全体的に、足底筋膜炎に悩まされている人は、無理を止めることが重要です。足底筋膜炎に悩まされている方は、無理な運動を止めることが大切です。そうすれば、足底筋膜の問題が解消されるでしょう。

結論から言うと、痛みを取り除くために力を使ってはいけないことは明らかです。もし、あなたがこれを試してみて、力ずくではうまくいかない場合は、医師の指示に従い、しっかりと治すための時間を取る必要があります。成功の鍵は、必要なライフスタイルを変えることにあります。治すためには、ゆっくりと少しずつ通常の活動に戻っていく姿勢が必要です。また、自分の状態が良くなっている時と悪くなっている時を認識できなければなりません。力ずくでは手術に勝てません。

これらのヒントを読んで、状態が悪化する前に、無理矢理にでも治癒プロセスを止めることができるといいですね。足底筋膜炎は治すことができないことを忘れないでください。治療は可能ですが、治療の過程で積極的に行動する必要があります。詳しくは、下記の私のサイトで、筋肉を強制的に治す基本的な方法と、強制的にやめさせた後の健康的な禁煙計画の立て方について説明していますので、ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です